便秘解消総合情報サイト

カラールーチェ

腸内フローラ研究

ヨーグルトはプロバイオティクス入りが便秘改善の肝

更新日:

0df1151adc53abee852a85e7a488789c_s

便秘に良いとされるヨーグルト。

いざ食べようと買いに行っても色々な種類があって悩んでしまいますよね。

そんな時に意識して見ておきたいヨーグルトの特徴をご紹介します。

ヨーグルトの選び方

プロバイオティクスを含んだヨーグルトを選ぶ

プロバイオティクスとは

「必要量を摂取した際に宿主に健康上のメリットを与える微生物」

を意味しており、便秘の改善・解消には欠かせない要素です。

スーパーなどで買えるヨーグルトのうち、プロバイオティクスが含まれない製品は「普通のヨーグルト」と言えますね。

普通のヨーグルトにもサーモフィラス菌やブルガリア菌といった乳酸菌が含まれているものの、良い効果をもたらすという研究結果があるわけではないのです。

そのため、プロバイオティクス入りという事は何らかの研究成果があり摂取することのメリットがより期待できるものだと言えるでしょう。

では「プロバイオティクスが含まれないヨーグルトは意味が無いのか?」というと、そうではありません。

そもそもヨーグルトは栄養豊富な食品であるため、健康をサポートする意味では優秀といえますし腸内環境にも良い影響があると言えます。

しかし、それを研究によって実証されてはいないという点が大きな違いですね。

また、プロバイオティクスヨーグルトは継続的に摂取しないと効果を実感できないと言われています。

プロバイオティクスヨーグルトのおすすめ

スーパーなどで手に入りやすく、かつお手頃で食べやすいプロバイオティクスヨーグルトとなると下記がおすすめ。

  1. タカナシヨーグルト「おなかへGG」(LGG株)
  2. 森永「ビビダスヨーグルト」(ビフィズス菌BB536株)
  3. 雪印メグミルク「恵 プレーンヨーグルト」(ガセリ菌SP株/ビフィズス菌SP株)
  4. meiji「明治ブルガリアヨーグルト」(LB81乳酸菌)

便秘対策におすすめの食べ方

善玉菌のエサとなるオリゴ糖を加えて腸内改善

ヨーグルトを食べる時に行うと更に効果的なのがオリゴ糖を加えるというもの。

オリゴ糖は食物繊維と同じ様に消化されにくいため大腸まで届いて善玉菌のエサになります。

ヨーグルトにほどよい甘みを加えてくれる上に、ヨーグルトに含まれる善玉菌や腸内にいる善玉菌を増やすサポートになるということ。

普通の砂糖を入れて食べるよりカロリーも抑えられる(約半分)ので、便秘対策でヨーグルトを食べるなら必ずやっておきたいひと手間です!

ちなみにオリゴ糖には種類があり、どれでも良いという訳ではありません。

下記の記事も是非見てみて下さいね!

【関連記事】便秘に効果的なオリゴ糖の食べ方と人気・おすすめはこれ!

毎日のオリゴ糖習慣でみるみるドッサリ!

1

便秘に効果的といわれるオリゴ糖。 毎日の食生活にも取り入れやすく、便秘改善に繋がると思うと試したくなりますよね。 まずはオリゴ糖の基礎知識と食べ方、最後に便秘で悩んでいた人に人気のあるおすすめオリゴ糖 ...

-腸内フローラ研究

Copyright© カラールーチェ , 2019 All Rights Reserved.