便秘解消総合情報サイト

カラールーチェ

妊娠中の便秘対策

友達や同僚の出産祝いに人気!おすすめギフトアイテム選び方

更新日:

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

友達や知人の出産祝いは何を贈ればいいか悩みますよね。

しかし、贈り物にはポイントがあり、そのポイントを考慮してさえいればまず困られる事はありません。

出産祝いのポイント

贈るのは自分だけではない

贈り物をする上で「(贈られる側が)喜んでくれるモノ」という気持ちがありますよね。

そこで気をつけたいのは、自分以外の人も同じ事を思っていて、同じ行動を取りやすいという点。

実際に出産祝いであれば下記のプレゼントは嬉しいものです。

  1. ベビー服
  2. よだれかけ
  3. タオル
  4. 離乳食食器
  5. 抱っこ紐

しかし、中にはたくさん貰いすぎると困る物もありますよね。

抱っこ紐や食器などは2セット・3セット位あれば十分な事も多く、被りすぎてしまうと嬉しさも減少してしまうもの。

また、ママの好みもあるため実は贈り物としてかなり難易度が高かったりします。

もちろんお祝いして頂けるのはすごく嬉しいんですけどね。

私はどちら側にもなったので、今はもっぱら贈る側ですが「例え10人と被っても嬉しい物」を贈るようにしています。

現金・商品券はあり?

中には悩み尽くして「現金包んで渡そう、そのほうが使い道あるでしょ」と言う人もいるのではないでしょうか。

確かに現金や金券であれば何に使っても良いのですが、貰う側からするとモノよりも申し訳なさが上がってしまいます。

人間不思議なもので、例え価値は同じでも現金や金券となるとその重みを感じてしまうんですよね。

貰って嬉しいという気持ちよりも、その重みで申し訳ない気持ちになってしまうのが注意点といえます。

贈られる側とどういう関係か?

という点を考慮して現金か物かという選択をするのも良いと思いますね。

会社の同僚や上司部下・古くからの友人であれば物を贈る方が良いでしょう。

“ハズさない”出産祝いの選び方

赤ちゃん向けかママ向けか

多くの人が赤ちゃん向けのプレゼントを選ぶ傾向にあり、それはそれで非常に嬉しいもの。

ですが、あえてママ向けのプレゼントを贈るという手も好評です。

今まで赤ちゃんをお腹の中で大切に育て、苦しい思いをしながら出産したのですから「ママをねぎらうプレゼント」があってもおかしくありません。

私の時も赤ちゃん向けだけではなく、私自身に向けたプレゼントをくれた友人が結構いました。

その時すごく気持ちが穏やかになったというか、すごく印象に残っているので私も友人の出産祝いにはママ向けを多く選んでいます。

食品・消耗品

物としてずっと残るよりも、消えてなくなる物の方が気負いしなくて済みます。

消えてなくなるものでも「お祝いしてくれた、気にかけてくれた」という事実は母親の記憶から消えません。

だからこそ、あまり深く悩まずに「食品・消耗品」の2ジャンルから選ぶのがおすすめ。

形に残り続ける物だと、嬉しいと言えども好みの違いがあります。

“ハズさない”出産祝い(赤ちゃん向け)

おむつ

出産祝いの定番となりつつある「おむつケーキ」もありますが、一部ママからは下記のような意見もあります。

  1. ケーキにする必要性はない
  2. 食べ物の「ケーキ」と排泄に関する「おむつ」を合わせるのはどうかと思う

おむつケーキの場合は結構良い値段しますが、それなら普通に買ったオムツ+ママ向けのプレゼントという組み合わせが嬉しいかもしれません。

実際使う側から考えると、ケーキの形になっていようが、おむつでしかないので。使う時も崩しちゃいますし・・・。

おしりふき

おしりふきは結構な頻度で使うので、たくさんあって良いでしょう。

パッケージのアンパンマンが可愛いくてオシャレ感もある「ネピア GENKI!」は厚手で赤ちゃんの肌にも優しいと好評。

ベビーソープ

ベビーソープも使用頻度が高い上に、無添加で肌に優しい物は喜ばれます。

赤ちゃん向けの消耗品をセットにしてしまうのも良い選択ですね。

“ハズさない”出産祝い(ママ向け)

ハーブティー

出産前も出産後も色々な事に気を使い続けなくてはいけないママをねぎらうにはハーブティーがおすすめ。

ハーブティーには精神を落ち着かせて自律神経を整える作用があるので、ストレスの溜まりやすくなるママにもってこいのプレゼント。

しかし、味は少々クセのあるものも多いため注意が必要です。

オリゴ糖

妊娠中も出産後もとにかく便秘に悩まされますが、そんなママの便秘を助けるアイテムの1つにオリゴ糖があります。

オリゴ糖は腸内に届いて善玉菌のエサになる上、普通の砂糖に比べてカロリーが半分であったりメリットがたくさん。

しかし、オリゴ糖にも種類と純度があります。

低品質なオリゴ糖だとあまり意味がないので、少々値段が高くてもちゃんとしたオリゴ糖を選ぶのがポイント。

「はぐくみオリゴ」または「カイテキオリゴ」はママにも赤ちゃんにも使える高品質なオリゴ糖です。

【公式】妊婦や赤ちゃんも安心の話題のオリゴ糖

【公式】ママも赤ちゃんも大満足「カイテキオリゴ」

毎日のオリゴ糖習慣でみるみるドッサリ!

1

便秘に効果的といわれるオリゴ糖。 毎日の食生活にも取り入れやすく、便秘改善に繋がると思うと試したくなりますよね。 まずはオリゴ糖の基礎知識と食べ方、最後に便秘で悩んでいた人に人気のあるおすすめオリゴ糖 ...

-妊娠中の便秘対策

Copyright© カラールーチェ , 2019 All Rights Reserved.