便秘解消総合情報サイト

カラールーチェ

妊活の話

妊娠の確率が上がる?食生活が妊活に及ぼす影響

更新日:

a080bae40f45e3885fe3bc7ef3b12cd1_s

妊活に励む女性の多くは「妊娠するために必要な栄養素」を重点的に意識する傾向にあるようです。

しかし、根本的な食生活をしっかりさせることで妊娠の確率が上がるという話も。

食生活と妊活

好き嫌いの無い食生活で不妊リスクを減少

ハーバード大学が女性を対象に調査を行い、食生活と妊娠に影響があるということを立証している本があります。

妊娠しやすい食生活 ハーバード大学調査に基づく妊娠に近づく自然な方法

ものすごく要約すると「バランスの良い食事=健康な心身=妊娠に好影響」という事。

妊活というと「葉酸」を摂取したりというのが一般的ですが、それは健康な身体において始めて意味をもつといっても過言ではありません。

甘いものや脂質を多く摂り過ぎて体重が気になる場合はダイエットが必要です。

太っていると排卵障害・月経異常が発生しやすく、妊娠に悪影響を及ぼす統計もあるから。

  1. バランスの良い食事を心がける
  2. 太らないように気をつける

「そんな当たり前の事を」と思う方もいるかもしれません。

でも、こんな当たり前を行うだけで約80%もの不妊リスクを軽減できるとしたらどうでしょうか。

生活習慣病も予防出来ますし、損することなんて1つもありません。

バランスの良い食事ってどうすればいいの

バランスの良い食事といっても、どうしたらいいかと悩みますよね。

そこで基準としてもらいたいのが「腸内環境」です。

腸は人間の健康をコントロールする重要な器官で、腸内にはたくさんの腸内細菌が存在。

ここで善玉菌と悪玉菌が戦っているため、善玉菌を応援できるような食事が「バランスの良い食事」と言えます。

悪玉菌が優勢だと便秘や身体の不調に繋がり、善玉菌が優勢だと快便で気持ちの良い毎日。

そのため、善玉菌を増やして腸を元気にする事を目指しましょう。

具体的には記事下にある「STEP」で紹介しているので、そちらも参考にしてみて下さい!

良い食事で良い腸内環境を目指す

2児の母であり、かつ妊娠中の辛い便秘も経験している私がこのブログで伝えたい事は1つ。

妊活中・妊娠中の人は絶対に腸内環境を改善させておくべき

ということです。

毎日善玉菌と悪玉菌が戦い続けた結果が「排便」「肌」「健康」に現れます。

特に妊娠中・出産後はひどい便秘に悩まされる事が増える上に、赤ちゃんの腸内環境は母親の影響を強く受けてしまうのです。

  1. 妊活中の腸内環境⇒便秘・妊活に影響
  2. 妊娠中の腸内環境⇒便秘・赤ちゃんの生育などに影響
  3. 出産後の腸内環境⇒便秘・育児に影響

自分だけ便秘で苦しいのも嫌ですけど、妊活中から考えるべきは「私の子どもも辛い思いをするかもしれない」ということ。

現在妊活中・妊娠中であれば、今から腸内環境を改善するための知識を蓄えておきましょう。

毎日のオリゴ糖習慣でみるみるドッサリ!

1

便秘に効果的といわれるオリゴ糖。 毎日の食生活にも取り入れやすく、便秘改善に繋がると思うと試したくなりますよね。 まずはオリゴ糖の基礎知識と食べ方、最後に便秘で悩んでいた人に人気のあるおすすめオリゴ糖 ...

-妊活の話

Copyright© カラールーチェ , 2019 All Rights Reserved.