未分類

すそわきが対策クリームの選び方と人気おすすめランキング

投稿日:2017年7月21日 更新日:

陰部から鼻につくニオイを放つ「すそわきが」

正式には「外陰部臭症」とも言いますね。

男性より女性に多いと言われていますが、デリケートな場所だからこそ他人に相談しずらく、1人で抱え込んでしまいがちな悩みの1つです。

ニオイは空気に乗って移動するため「人と接近するのが怖い」「恋人を作れない(性行為で臭いがバレるのが怖い)」という女性も多いでしょう。

このサイトではすそわきがに対する知識と理解を深めて、有効な対策をとるための方法をまとめました。

すそわきがの基礎知識

アポクリン汗腺がワキガ臭を発する

人体には2種類の汗腺(汗が出る腺)があり、わきが臭はアポクリン汗腺から出ています。

  • エクリン汗腺・・・成分の約99%が水であり、サラッとした汗が出る
  • アポクリン汗腺・・・水分は75%前後、残りは脂肪やアンモニア・尿素などを含む汗が出る

エクリン腺は全身に分布しているため、汗の大半は体温調節などを目的としてエクリン腺から出るものですが、アポクリン腺は耳やワキの下、陰部に集中。

 

その理由としてアポクリン腺は「フェロモン」を出すためにある汗腺と言われています。

人間以外の動物は匂いで縄張りを知らせたり、異性の気を惹いたりしますよね。

ワキガ臭はその名残りとして存在すると考えて良いかもしれません。

 

しかし、現在の人間社会ではワキガ臭によって異性が逆に離れてしまう「嫌なニオイ」として認識されていますよね。

アポクリン腺はほとんどの人にある汗腺です。(極稀に無い人もいるようですが)

ワキガやすそわきがに悩んでいる方は、アポクリン腺の数やサイズが通常より多い・大きいためにニオイが広がってしまうということ。

そのため、デオドラントを入念に行うことが解決への近道です。

 

すそわきがは遺伝?それとも生活習慣によるもの?

そもそも、すそわきが自体は病気ではなく体質的なものです。

人によって身長が違うのと同じだと言えますね。

両親がワキガかどうかによって比較的高確率で遺伝すると考えられています。

 

他には食生活が影響する場合もあるでしょう。

脂っこい食生活を送っている人は体臭が強くなると聞いたことはありませんか?

動物性のタンパク質や脂肪の多い食品はアポクリン腺を活発にしてしまうので、摂り過ぎに注意が必要です。

 

また、女性はホルモンバランスの影響でもアポクリン腺の活動具合が上下しやすいもの。

性行為の後や生理中はすそわきが臭が強くなる人もいます。

出産を機にすそわきがに悩む人も数多くいるため、今まで臭わなった人がいきなり臭い始める可能性も否めません。

 

すそわきがの原因

  • 遺伝によってアポクリン腺が多い・広い体質だから
  • 食生活やホルモンバランスの影響でアポクリン腺が活発になったから

 

すそわきがの対策方法は?手術できる?

すそわきがの対策は大きく分けて2つです。

  1. デオドラントアイテムを用いる
  2. 治療をする

デオドラントアイテムについては後ほど説明しますが、治したいのであれば治療が1番。

「病院に行くなら何科に行けばいい?」と思われる方がいるかもしれませんね。

すそわきがは皮膚科・形成外科・美容形成・美容整形・美容外科で見てもらえます。

この中では美容外科がわきが治療に力を入れてるのでおすすめ。

 

治療法は下記のような種類があり、それぞれ特徴があります。

すそわきがの治療法
名称 ボトックス
(ボツリヌストキシン)
シェービング法 ベイザー照射
方法  陰部からの発汗を抑える注射を行う  1cm程度の穴からアポクリン腺やエクリン腺を取り除く  1cm程度の穴からベイザー波を照射
汗腺を焼き溶かした後、管で吸い出す
メリット 簡単に行える 比較的安価で行える
ニオイ除去力は並
根本治療が可能
ニオイ除去力が強い
デメリット 最長でも半年程度しか効果が続かない
効果を実感できない人もいる
小さく傷跡が残る
多少の痛みを伴う
小さく傷跡が残る
多少の痛みを伴う
料金目安 約5万円〜 約15万円〜 約30万円〜

確実な方法になればなるだけ価格は高くなり、痛みや多少の傷跡は予め覚悟しておく必要があるでしょう。

また、術後2日程度はガーゼで圧迫する必要があり、シャワーは約3日後、入浴は1週間後と安静期間を要します。

 

「それはちょっと厳しい・・・」という方に、その他の方法として川崎中央クリニックの「切らないすそわきが治療」もあります。

切らないすそわきが治療法
名称 ウルセラドライ ペアドライ
方法 超音波で汗腺に熱損傷を与える RF波と超音波で原因となる汗腺を破壊
メリット 切らない
少ない回数で効果が得られる
半永久的な効果
切らない
一回で高い効果が得られる
半永久的な効果
デメリット 赤みやカサブタが出来る(いずれ無くなる) 赤みやカサブタが出来る(いずれ無くなる)
料金目安 約35万円 約38万円

こちらは料金的には高額ですが、ほとんどデメリットがなく画期的な治療法と言えるでしょう。

 

すそわきがの治療は保険適用されるの?

これだけ高額な治療費ですから、保険が適用されると嬉しいですよね。

結論から言うと、保険適用で受けるためには「病院・医師が保険適用を認めている」場合に限ります。

また保険適用を行える治療方法は限られているため、どんな治療法でもとはいきません。

事前に保険適用で行ってくれる病院を探す必要がありますが、美容外科などは大体が自由診療。

 

通常の脇から発生するワキガに比べて陰部のすそわきがは保険適用が認められにくいのが現状です。

今後は変わるかもしれませんが、あまり期待はできないでしょう。

 

すそわきがをデオドラントアイテムで対策する

どのようなデオドラントがあるのか

軽度なすそわきがであれば、デオドラントアイテムで対策するだけでも大きく違いが感じられます。

ニオイに対するデオドラントアイテムは主に下記。

  1. デオドラントスプレー
  2. デオドラントシート
  3. デオドラントスティック
  4. デオドラントクリーム

これらは薬局やドラッグストアなどでも手に入るのはご存知だと思います。

そして、スプレーやシート類は既に試されている方も多いでしょう。

 

この中で1番すそわきが対策に適しているのは「デオドラントクリーム」

汗腺をコーティングするように伸びて密着して、制汗成分や殺菌成分がニオイを抑えます。

また、クリーム状なので陰部でも塗りやすいのがすそわきが対策で人気を得ている理由。

 

市販されているデオドラントじゃダメ?

すそわきが臭を一刻も早くどうにかしたい場合、すぐ買える薬局やドラッグストアに行くと思います。

しかし、強力なデオドラントは店頭にほとんど並んでいません。

なぜなら、売れ筋のデオドラントはわきが臭というより「運動後の汗臭さ対策」を目的にしているから。

 

わきがに悩む人が少ない分、そこそこの価格でそこそこのアイテムが多いと分析できますね。

より長時間ニオイに対する安心感を得たいなら、ネット通販されている強力な製品がおすすめ。

価格もドラッグストアなどで市販されている製品に比べると高めですが、使用感はバッチリです。

 

ただ、強力なデオドラントクリームでもすそわきがの根本的な解決にはならないですよね。

それでも使うのと使わないのではその安心感は雲泥の差。

ニオイという悩みを必要以上に意識しなくても済むなら、たとえ一時的な対策でも精神的な開放感は計り知れません。

 

すそわきが対策石鹸って効果あるの?

すそわきが対策の石鹸も今ではわずかながら販売されていますよね。

ニオイを抑えるために「石鹸でも対策した方がいいかな?」と心配する必要はありません。

基本的に石鹸やボディソープには下記のような成分で構成されています。

  1. 洗浄成分
  2. うるおい成分
  3. 香り成分

普通の石鹸やボディソープでも「洗浄して雑菌や皮脂を洗い流す」という意味では同じこと。

そこにデオドラント成分を含む製品であったとしても、後塗りするクリームの方が強力です。

ありとあらゆる対策をしたくなる気持ちはよくわかりますが、すそわきが対策は「ピンポイント」で狙いましょう!

 

すそわきが に効果的な塗り薬ってあるの?

すそわきがはそもそも病気ではなく、人間の体質的なもの。(人よりアポクリン汗腺が多い)

そのため薬も存在しません。

仮にあったとしても、汗を抑えたり雑菌が増えないようにするものでしょう。

その役割を担っているのがデオドラントクリームです。

 

また一部では「すそわきがにオロナインが良い」といった情報もあるようですが、おすすめはできません。

そもそもオロナインの用途じゃありませんし、オロナインに含まれる成分で多少の殺菌は出来ても制汗ができないため。

塗ることで身体への悪影響はないと思いますが、嬉しい発見もなさそうですね。

「ニベア青缶」や「雪の元」も同様です。

試したい場合は自己責任となるので注意して行いましょう。

 

ネット販売限定!? おすすめの強力デオドラントクリーム

第1位 デオプラスラボ プラチナム

クリーム系最強デオドラント

デリケートゾーンはもちろん、ワキやバストトップといった「アポクリン汗腺密集地」にしっかり密着殺菌。

2015年発売以来、ニオイに悩む女性に支持されて続けています。

具体的には下記の成分に注目。

  • 99.999%の除菌「イソプロピルメチルフェノール」
  • 40倍の「柿タンニン」によるニオイカット
  • 「パラフェノールスルホン酸亜鉛」による強力制汗
  • 「海藻&シルクエキス・緑茶&紅茶エキス」による皮膜
  • 「セージ・芍薬・ドクダミ・甘茶・ユキノシタ」の収れん

ニオイの原因菌をしっかり除菌しながら、ニオイ物質をしっかり押さえ込む点が優秀ですね。

さらに制汗や被膜・収れんといった「ニオイを長時間抑える」ための防御が鉄壁級。

 

人によっては必ずしもお風呂やシャワーを浴びた後に塗れるとは限らない人もいるでしょう。

既にニオイ始めている状態からでも「えっ、臭わない・・・」と感激できるクリームはプラチナムくらいです。

 

9,252円と少し高いのが惜しい所ですが、120日間の返金保証もある上にすそわきがへの実感力はクリーム系最強。

しかし、初回定期コースであれば半永久に30%OFFの5,616円で使えるのは魅力的ですよね。

第2位 ネオテクト

プロ仕様のニオイバスター

プロ仕様の殺菌力を持つデオドラントクリームとして人気の高い薬用ネオテクト。

すそわきが専用というよりも、全身のわきが対策をアピールしている製品ですね。

成分をナノレベルで微細化したマイクロクリームでノビが良く少量でしっかりとコーティング。

殺菌成分の「シメン5オール」と制汗成分の「フェノールスルホン酸亜鉛」がニオイの発生を強力に押さえ込みます。

 

デオドラントクリームっぽくない見た目も選ばれる理由。

通常価格は7,980円ですが、定期コースで初回3,990円とかなりお手頃な価格になります。

定期便にはよくある「最低◯回」といった条件もないため、定期便でも気軽に試せる点がメリット。

 

第3位 アクアデオ

肌への優しさを追求したクリーム

プラチナム同様、すそわきがに特化したクリームの1つである「アクアデオ」

無香料と低刺激性・天然成分といった「優しさ」に重きを置いている製品と言えますね。

有効成分は「イソプロピルメチルフェノール(殺菌)」と「パラフェノールスルホン酸亜鉛(制汗)」

その他成分に「柿タンニン」や「シルク」などを含み、ここはプラチナムとほとんど同様の成分配合。

通常価格は9,980円ですが、定期便で40%OFFの5,980円で使い続けられます。

 

すそわきが臭を気にしない毎日を得るために

運営者はデオプラスラボ プラチナムが1番良かった!

どのデオドラントクリームもすそわきが対策によい使い心地と実感力。

ただ「どれか1つ選んで」と言われたら、デオプラスラボ プラチナムを選びますね。

 

この手の製品は移り変わりが激しく、短期間で販売終了してしまう製品は数多くあります。

デオプラスラボ プラチナムは2015年の発売から今に至るまで販売されており、安心感と安定感は抜群。

「やっぱり良い物はロングセラーになるんだなぁ」としみじみ思えるクリームですね。

 

今現在、すそわきがで悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい。

悩みが解消されることを願っています!

Copyright© COLOR LUCE , 2017 AllRights Reserved.