便秘解消総合情報サイト

カラールーチェ

妊娠中の便秘対策

オリゴ糖が効果なし?便秘に効かない妊婦が考えること

更新日:

8ed2cf16eabc117122afaae0dfea86b0_s

過去にオリゴ糖を摂取したにも関わらず、便秘が解消されなかったという人もいることでしょう。

でもオリゴ糖で便秘を解消できた妊婦さんもたくさんいます。私もその一人。

その違いは何なのでしょうか。

オリゴ糖が効かなかった理由

オリゴ糖の配合量が少ない製品だった

オリゴ糖には粉末や顆粒・液体と状態の違う製品が存在します。

スーパーなどで手に入りやすい液体シロップ状のオリゴ糖は

  1. 溶けやすい
  2. 使いやすい
  3. 安い

と選ばれやすいポイントを持っている反面、オリゴ糖の配合量が少ないものも。

また「オリゴ糖入り」と書かれた製品で兼ねてしまうのも同様の理由で要注意。

便秘している大腸にしっかりと届けるためには「ほぼ純度100%」のオリゴ糖が必要です。

そうなると大体粉末タイプを選ぶほかありません。

実際使うとわかりますが、粉末タイプであれば液体ではないため開封後の冷蔵保管も不要。

そもそも溶けやすい粉末なので、不満に感じることはないでしょう。

乳酸菌を摂取していなかった

極稀に「オリゴ糖だけで便秘改善になる」と思っている方がいます。

オリゴ糖は腸まで消化されずに届き、善玉菌のエサになるもの。

エサを与えて増殖・活発化を狙うための食品なのです。

しかし、元から善玉菌が少ないとエサばかり投入しても変化はあまり感じられないでしょう。

そこで乳酸菌を含む食品と一緒に摂るのがオススメされている理由なんですね。

ヨーグルトなら砂糖代わりに置き換えやすいので人気なのもうなずけます。

他にも納豆やキムチ・チーズに漬物と発酵食品にも乳酸菌が多く含まれるので、毎日の食事で積極的に摂取しましょう。

毎日同じ時間・量を摂取している

オリゴ糖を継続するのは大切な事ですが、毎日同じ時間に同じ量を同じ方法で飲み続けるのは考えもの。

腸内の悪玉菌は善玉菌の襲来パターンがわかると耐性をつけてしまうのです。

そのため、時間や量・摂取方法をバラバラにして不意打ちを行って下さい。

(悪玉菌)今までずっと朝のヨーグルト+オリゴ糖5gだけだったから対策を用意したのに、今回はコーヒー+オリゴ糖2gの3連発かよ!

(悪玉菌)今まで食後のコーヒー+オリゴ糖だったのに、今回は野菜スムージー+オリゴ糖かいな・・・。

このように波を付けることで「腸内環境停滞期」を乗り切ることが出来ます。

バリエーションがあれば選ぶ楽しみもありますし、飽きが来ないので継続もしやすくなりますよ!

悪玉菌を減らす行動をしていない

いくら善玉菌とオリゴ糖を積極的に摂取していても、それ以上に悪玉菌が多かったら意味がありません。

バランスの良い食事を無視して肉中心だったり、1日1食しか食べなかったり、夜更かしや喫煙・睡眠不足も影響します。

せっかく意味のある食品を摂っているのに、その作用を自分の不摂生で打ち消してしまうのはもったないこと。

ここまでしちゃって私、健康マニアかも

そのくらいの方がいいんです!

【関連記事】便秘に効果的なオリゴ糖の食べ方と人気・おすすめはこれ!

毎日のオリゴ糖習慣でみるみるドッサリ!

1

便秘に効果的といわれるオリゴ糖。 毎日の食生活にも取り入れやすく、便秘改善に繋がると思うと試したくなりますよね。 まずはオリゴ糖の基礎知識と食べ方、最後に便秘で悩んでいた人に人気のあるおすすめオリゴ糖 ...

-妊娠中の便秘対策

Copyright© カラールーチェ , 2019 All Rights Reserved.