便秘解消総合情報サイト

カラールーチェ

妊娠中の便秘対策

妊娠中(妊婦)でも飲んでいい便秘薬ってあるの?

更新日:

1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s

妊娠中はホルモンバランスの影響などで便秘になる人も多く、つい便秘薬に頼ってしまいたいと思うこともあるでしょう。

しかし、妊婦さんが便秘薬を飲むのは「最後の手段」にした方が良いです。

妊婦と便秘薬

便秘薬には種類がある

1口に便秘薬といっても、成分による種類が別れています。

排便を促す仕組みの違いとも言えますね。

一般的な市販便秘薬は比較的優しい成分が使われているものの油断は禁物。

そして、妊娠中の女性が飲んではいけない便秘薬も存在するのです。

知らずに自己判断で服用すると早産や流産といった危険性もあるため、なるべくなら飲まない選択をしましょう。

「どうしても」という場合は、必ず専門医に診断してもらう事をおすすめします。

便秘薬の種類については下記記事で説明していますので、是非見てみて下さいね。

【参考記事】便秘薬をおすすめできない理由は副作用による危険性

便秘薬では一時的な改善にしかならない

便秘薬は人間の生理現象を薬によって誘発させるものです。

一時的に腸内の便が排出されても、また便が溜まったら便秘薬を飲むのでしょうか。

それが意味しているのは便秘薬への依存であり、人間の機能を退化させているとも言えるでしょう。

時には便秘薬を使い空っぽにする必要性もあるかもしれませんが、それに頼り続ける未来は嫌ですよね。

人間は生涯食物を食べ、便を出します。

一時的な解決に意味はなく、常に便秘じゃない状態を維持しなくてはいけません。

だからこそ、便秘薬という便利な存在に頼ること自体が危険なのだと考えます。

人間本来の排便力を高めるべき

そもそもなぜ妊娠中は便秘になりやすいのでしょうか。

それは、妊娠することで女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加。

プロゲステロンは妊娠状態を維持=エネルギーをなるべく体内に蓄えるため、言わば「省エネ状態」になるのです。

すると腸などの活動も弱まり、水分も便に行き渡りにくくなり便秘気味になる・・・という仕組み。

しかし、これだけではありません。

普段の食生活や運動不足など、基本的な生活習慣も大きく影響します。

逆に言えば、これらの基礎的な部分を見直す事で妊娠中であっても良好な排便を継続することが可能。

私は妊娠時「私自身の健康が子どもに影響する」とずっとそう思ってきましたし、今も変わらずそう考えています。

【参考記事】なぜ妊娠中は便秘になりやすいの?その理由と対策

毎日のオリゴ糖習慣でみるみるドッサリ!

1

便秘に効果的といわれるオリゴ糖。 毎日の食生活にも取り入れやすく、便秘改善に繋がると思うと試したくなりますよね。 まずはオリゴ糖の基礎知識と食べ方、最後に便秘で悩んでいた人に人気のあるおすすめオリゴ糖 ...

-妊娠中の便秘対策

Copyright© カラールーチェ , 2019 All Rights Reserved.