便秘解消総合情報サイト

カラールーチェ

妊娠中の便秘対策

妊娠中の痛い「いぼ痔・切れ痔」対策と予防法

更新日:

妊娠や出産をきっかけに痔になる人は少なくありません。

場所が場所なだけに相談するのも躊躇してしまいますが、そのまま放置はできませんよね。

まずは痔になる妊婦が痔になる仕組みを知って、対策と予防を行いましょう。

妊婦と痔の関係

妊婦が痔になるのは何故

妊娠中に出来やすいのはいぼ痔と切れ痔。

いぼ痔とは肛門にいぼのような腫れ物が出来る状態で、肛門の外側にできる外痔核と、直腸の内側にできる内痔核の2パターンがあります。

妊娠中はお腹の赤ちゃんが成長するにつれて直腸まわりの血管が圧迫され循環が悪くなるのが主な原因。

そのため妊婦の場合はない内痔核であることが多いんですね。

内痔核の場合は薬での治療から入りますが、小さくならない場合は手術で取り除きます。

外痔核の場合はおよそ手術での治療となるでしょう。(手術以外の療法だと肛門に違和感が残り続ける可能性が大きいため)

切れ痔は何らかによって肛門周辺の粘膜が傷ついたり肛門が切れてしまった状態を指します。

主に便秘で硬くなった便をいきんで出すなど、肛門に負荷をかけたことが原因。

切れ痔の場合も薬、もしくは手術のどちらかとなります。

いぼ痔と違い、比較的薬による治療だけで完治できると言われているのが特徴。

痔を放置したり、繰り返すのは危険

恥ずかしいからと自然治癒を期待したり、市販薬で治そうとするのは危険です。

ちゃんと病院に行き診察してもらうのが一番安全な解決方法と言えるでしょう。

また、切れ痔などであれば治りやすいものの、繰り返すことで重症化する可能性もあります。

具体的には

  1. 肛門ポリープ・・・切れ痔から細菌が入りポリープになること
  2. 肛門潰瘍・・・切れ痔の傷が深くなり潰瘍化すること
  3. 肛門狭窄・・・切れ痔を繰り返すことで肛門が狭くなり便が出にくくなること

妊婦の痔対策

便秘を解消する

切れ痔の主な原因が便秘なので、根本から考えるのであれば便秘を解消するのが一番です。

そして便秘はホルモンバランスの変化によるものもありますが、いずれにせよ腸内環境が重要。

水分・食物繊維・オリゴ糖・乳酸菌をしっかり摂り、水分をしっかり含んだ柔らかい便を目指しましょう。

血行を良くする

普段座りっぱなしで運動不足の人は血行が悪くなりやすいと言えます。

特にデスクワークなどで椅子に座る時間の多い人は注意が必要。

合間を見てストレッチや体操を行い、運動不足を少しでも解消すると血流が良くなり、身体も温まります。

お風呂もシャワーだけではなく、たまには湯船に浸かるなど身体を冷やさない生活を心がけましょう。

毎日のオリゴ糖習慣でみるみるドッサリ!

1

便秘に効果的といわれるオリゴ糖。 毎日の食生活にも取り入れやすく、便秘改善に繋がると思うと試したくなりますよね。 まずはオリゴ糖の基礎知識と食べ方、最後に便秘で悩んでいた人に人気のあるおすすめオリゴ糖 ...

-妊娠中の便秘対策

Copyright© カラールーチェ , 2019 All Rights Reserved.