便秘解消総合情報サイト

カラールーチェ

妊娠中の便秘対策

妊婦の便秘解消に効果的なストレッチ方法!

更新日:

2f28b2663c2aeebc9a013424922db8f4_s妊娠中は便秘になりやすいものですが、黙っていても良くなる事はありません。

日頃の食生活や運動不足の改善はもちろん、出来る事はなんでもやりたいですよね。

そこで、便秘解消に効果的なストレッチ方法をご紹介します。

便秘にストレッチが効果的な理由

腸のぜん動運動を促進する

ストレッチを行うことで大腸に刺激が与えられ、ぜん動運動を促進させる作用があります。

日頃の運動も同じ意味を持ちますが、妊娠中は激しい運動はできません。

そのため、家で出来るストレッチや体操が妊婦さんの大腸に丁度よい刺激になるということ。

副交感神経を優位にしてリラックス効果

気持ちのいいストレッチを行うと副交感神経が優位になり、リラックス効果が高まります。

精神面での気分転換・ストレス解消は便秘にも良い影響を及ぼす他、血流の改善や内蔵の働きを高める作用も。

便秘に効くストレッチ方法

座った姿勢で行うストレッチ

e4f5dc3babb4faef4aa10d084e80d3c2_s

  1. あぐらをかいて座る
  2. 上半身をひねりながらゆっくりと右後ろに振り向く
  3. 身体を戻して、左に振り向く
  4. 左右5回〜10回ずつ交互に繰り返す

ポイントは背筋を伸ばしてゆっくりと行うこと。

呼吸も時間をかけて吸い、同じ秒数で吐くことを意識しましょう。

立った姿勢で行うストレッチ

72b5624c032a2472645b5989bd6b3cfd_s

  1. 足を肩幅より広めに開いて立つ
  2. 両手を腰に当てる
  3. 円を描きながらゆっくりと腰を回す(フラフープを回すように)
  4. 右回転、左回転を5〜10回繰り返す

フラフープを回す時は勢いをつけますが、このストレッチに勢いは必要ありません。

ゆっくりと綺麗な円を描くように腰を回しましょう。

仰向け姿勢で行うストレッチ

3227c3e91c074a21d958137034ec0908_s

  1. 仰向けになり片方の足を軽く曲げる(上記画像ほど曲げなくて良いです)
  2. 曲げた足を曲げていない足の方へ横へ倒す(右足を曲げたなら左方向へ、左足を曲げたなら右方向へ)
  3. 左右を5〜10回繰り返す

軽く曲げた足を倒す事で、お腹周りを伸ばす事を意識するのがポイント。

また、倒す時もゆっくりと行うことが大切です。

日頃運動不足を感じている人はこれをやるだけでも違うので、無理のない範囲で継続してみましょう。

ストレッチの前後で出来ること

ストレッチ前にぬるめのお風呂で半身浴

37〜38℃くらいのぬるめのお風呂に半身浴をすると身体も適度に温まりストレッチ効果が増します。

妊娠中の場合、長風呂はよくないので湯船に浸かるのは10分程度を限度にしましょう。

のぼせないように注意してください。熱すぎるお風呂はNGです。

ストレッチ後にオリゴ糖スムージーを飲む

ストレッチ後に腸内に良い食品で構成されたスムージーを飲むとより効果的。

妊婦の便秘解消に欠かせないオリゴ糖を始め、

  1. バナナ
  2. 小松菜
  3. キウイ
  4. リンゴ
  5. ヨーグルト

といった食品をミックスすると鉄分・食物繊維・ビタミンの補給に最適です。

この際「オリゴ糖は無いから白砂糖でもいい?」と思う方もいるかもしれませんが、白砂糖はNG。

身体を冷やしやすいだけではなく、カロリーも高めだからですね。

オリゴ糖は消化されにくく腸内に届いて善玉菌のエサになる上に、カロリーは白砂糖の約半分(ハーフカロリー)

便秘解消のマストアイテムといえるのです。

ストレッチも食生活も継続して始めて実感できるもの。

毎日元気に過ごすことが赤ちゃんにも良い影響を与えますよ!

毎日のオリゴ糖習慣でみるみるドッサリ!

1

便秘に効果的といわれるオリゴ糖。 毎日の食生活にも取り入れやすく、便秘改善に繋がると思うと試したくなりますよね。 まずはオリゴ糖の基礎知識と食べ方、最後に便秘で悩んでいた人に人気のあるおすすめオリゴ糖 ...

-妊娠中の便秘対策

Copyright© カラールーチェ , 2019 All Rights Reserved.