便秘解消総合情報サイト

カラールーチェ

腸内フローラ研究

腸内フローラって何?改善するためにはどうしたらいいの?

更新日:

84056885580fb6e2f13c696495b5f2e5_s

便秘に悩み、腸内環境に興味を持ち始めるとよく目にする「腸内フローラ」という言葉。

いったい何なのでしょうか。腸内フローラについて解説します。

腸内フローラとは

腸内に生息する菌の様相

腸内には500種類〜1000種類もの細菌が600〜1000兆個いると言われています。

これらの細菌が腸内に壁のようにびっしりと生息しているのですが、この状態をお花畑(flora)に例えて

腸内フローラ(別名:腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)

というのです。こんな語源だったんですね。

腸内フローラは人により状態は様々、本当のお花畑のように理想的な腸内環境の人もいれば、荒れたお花畑の人もいるでしょう。

そして、それらを決めるのが3種類に分類された腸内細菌。

理想的な腸内細菌のバランス

理想的な腸内フローラはどのようなものでしょうか。

それは善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割というバランスになります。

腸内フローラは常にこのバランスを維持することが好ましく、便秘改善のためにも常に目指し続けるのはこの割合。

ちなみに各細菌の特徴についてはこちらをご覧くださいね。

【関連記事】便秘の無いキレイな身体を作る腸内環境の改善基礎

腸内フローラの変化

善玉菌と悪玉菌の終わらない戦い

赤ちゃんとして母親のお腹にいるときは無菌状態ですが、出産と同時に大腸菌などが入り込みます。

しかし、母乳により善玉菌の代表格であるビフィズス菌に覆われ、離乳食の段階では様々な食物による菌も加わり腸内フローラが形成。

ここからスタートして今現在に至るまで

善玉菌vs悪玉菌の熾烈な戦いが繰り広げられているのです。

そして全体の7割を占める日和見菌は優勢な方に加担。

逆転するのは難しくない反面、再度逆転もされやすいという難しい戦いなのです。

年齢を重ねるに連れてビフィズス菌が減少

人間は加齢により悪玉菌との関わりが深くなる上に、老年期につれてビフィズス菌が減少していきます。

「なんだ老年期までは安全なんだ」とおもっている人は注意ですよ。

若い人でも腸内フローラの崩れる生活を続けていると様々な悪影響に見舞われます。

今現在も、これからも腸内フローラを悪玉菌優勢にするのは良くありません。

悪玉菌が増えるとどうなる?

悪玉菌の仕事は有害物質の生成

悪玉菌を増やすには不健康な食生活や習慣を送れば良いのですが、そんな悪玉菌はどんな悪さをするのでしょうか。

悪玉菌の主たる仕事は有害物質の生成。

インドール・スカトール・アンモニア・硫化水素・アミン・二次胆汁酸といった物質は悪臭の素であったり、発がん物質です。

これらの有害物質が腸から吸収され体内に蓄積すると、健康を害する重大な病気に発展しかねません。

生活習慣病の原因とも言われています。

そして、便秘もまた悪玉菌が優勢の状態といえるのです。

理想的な便を作ることは健康に直結

腸内フローラは便から見える

私達の排便は腸の状態をいつも映しています。

そのため「便秘や便が硬い・コロコロしている」などの特徴から腸内フローラの状態がわかるのですね。

そして、食生活や生活習慣が腸内フローラを改善させる唯一の方法です。

やるべきことは至ってシンプルですが、一番必要なのは「継続すること」

一度だけ100点を取ってもダメで、それならずっと80点の方がまだ良いのです。

もちろん、いつまでも元気に過ごしたいのであれば、ずっーと100点を取れるように生活を変えていきましょう!

毎日のオリゴ糖習慣でみるみるドッサリ!

1

便秘に効果的といわれるオリゴ糖。 毎日の食生活にも取り入れやすく、便秘改善に繋がると思うと試したくなりますよね。 まずはオリゴ糖の基礎知識と食べ方、最後に便秘で悩んでいた人に人気のあるおすすめオリゴ糖 ...

-腸内フローラ研究

Copyright© カラールーチェ , 2019 All Rights Reserved.