便秘解消総合情報サイト

カラールーチェ

妊娠中の便秘対策

なぜ妊娠中は便秘になりやすいの?その理由と対策

更新日:

cd035621f33520eb5b1cad97efc7aefa_s

ただでさえ便秘になりやすい女性は、妊娠すると更にその傾向が高まります。

しかし、その原因と対策がわかれば妊娠中のひどい便秘も知らずに済むでしょう。

妊婦と便秘の関係性

黄体ホルモンの増加(ホルモンバランスの変化)

妊娠すると体内のホルモンバランスが変化するということは、妊活中・妊娠中の女性であれば1度は耳にしている事かもしれません。

具体的な変化としては女性ホルモンである「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の増加

プロゲステロンは妊娠状態を維持する上で欠かせないホルモンですが、身体に栄養を蓄えようとする傾向が高まるため代謝が低下してしまいます。

限りなく省エネモードに切り替わるという感じでしょうか。

そのため胃や腸にもその影響が届いてしまい、排便のためのぜん動運動が鈍くなります。

同時に体内の水分を保持し続け、便に水分が行き渡りにくく硬くなるのも問題。

慢性的な運動不足

運動をすることで内蔵に刺激を与え、腸の運動を促すことが出来ます。

しかし、妊娠すると何かと億劫になりなるべく動かない生活をすることが便秘に。

無理しない適度で運動をして腸に刺激を与えましょう。

食生活の変化

腸内環境は何を食べるかで変わってきます。

結果それが便にも反映されるのですが、妊娠初期はつわりが辛いですよね。

食事をする気分でもなく、手軽に栄養が補給できたり簡単に食べられるモノばかり食べる習慣が出来てしまいます。

すると、腸内環境に必要な栄養素や食物繊維・水分が不足して便秘を招いてしまうというパターン。

子宮が腸を圧迫

赤ちゃんが成長するにつれて、子宮が大きくなり腸を圧迫。

圧迫された腸管は狭くなりますので、便が詰まりやすくなったり便意が鈍くなってしまい便秘に繋がります。

このときに硬くコロコロとした便だとなおさら出ませんよね。

適度な柔らかさを持った理想的な便を作ることが大切です。

日頃のストレス

妊娠中もまた、いつもとは違う悩みやストレスを抱えることが多々あります。

基本的にストレスは自律神経を乱して腸のぜん動運動に悪い影響を与えるもの。

なるべくストレスを溜めない生活をすることが便秘改善に大切なのです。

妊娠中の便秘を改善するために

食物繊維を摂取

食物繊維の特徴は消化されにくい事。

その特徴故に、大腸まで届いて善玉菌のエサになったり便のカサ増しに役立ちます。

食物繊維には「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の2種類があり、そちらもそれぞれ得意分野があるので両方摂取するようにしましょう。

【関連記事】便秘に効く水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の多い食品

水分補給

理想的な便は80%が水分なんです。

このことからも、便秘には水分が欠かせません。

ここで日課にしたいのは「寝起きにコップ1杯の水を飲む」ということ。

眠っている間の発汗などで失われた水分を補給すると共に、胃や腸が空っぽの時に水を飲むと適度な刺激になります。

これによりぜん動運動が活発になり排便を促す効果を期待できるでしょう。

注意したいのはコーヒーなど利尿作用のあるもの。

たくさん飲んでもすぐトイレに行きたくなると意味がありません。

乳酸菌を摂取

腸内には500〜1000種類の細菌が600~1000兆個います。

それらの細菌をグループに分けると

2割が善玉菌・1割が悪玉菌・7割が日和見菌(ひよりみきん)

という分類が出来ます。

(日和見菌はその時々で善玉菌と悪玉菌の優勢な方に加勢するどっちつかずな菌)

しかしこれ、理想的な腸内環境の割合なんです。

今現在便秘で悩んでいる方は悪玉菌優勢で善玉菌が少ないといえますね。

そのため乳酸菌を食品などから摂取し、適切に腸まで届けてあげることで戦力を増強。

同時に悪玉菌が増える原因を減らすことも大切です。

【関連記事】便秘の無いキレイな身体を作る腸内環境の改善基礎

適度な運動

便秘の解消できるかどうかは健康的な生活を総合した上で決まります。

運動不足も決して無視できない重要な要素。

しかし、妊娠しているため激しいスポーツなどはできませんよね。

出来れば家の中で毎日できる事が好ましいです。

「ストレッチ」や「ヨガ」もいいですし、日本人にはお馴染みの「ラジオ体操」も良いでしょう。

生活リズムを整える

夜更かしや昼夜逆転は自分にも、生まれてくる赤ちゃんにも良くありません。

早寝早起き・朝昼晩の3食といった健康的な毎日を過ごすことで自律神経が安定。

便秘改善にも繋がる上に、精神面でも落ち着きが増すでしょう。

妊娠中の便秘改善で気をつけたいこと

便秘薬に注意

排便は人間の生理現象。

本来は食事や生活習慣などを改善することで解消できるものだと言えます。

そのため、薬により強制的に出すのは「最終手段」としましょう。

便秘薬に依存してしまうと、自力で出すのが難しい状態にまでなってしまうこともあります。

 

しかし、どれだけ食事や習慣を改善しても変化のない人がいるのも確か。

とはいえ妊娠中に飲んでしまうと危ない便秘薬もあるため、市販の便秘薬を自己判断で飲まずに病院に行きましょう。

しっかりと専門医に事情を伝え、便秘薬や漢方を処方してもらった方が安全です。

毎日のオリゴ糖習慣でみるみるドッサリ!

1

便秘に効果的といわれるオリゴ糖。 毎日の食生活にも取り入れやすく、便秘改善に繋がると思うと試したくなりますよね。 まずはオリゴ糖の基礎知識と食べ方、最後に便秘で悩んでいた人に人気のあるおすすめオリゴ糖 ...

-妊娠中の便秘対策

Copyright© カラールーチェ , 2019 All Rights Reserved.