便秘解消総合情報サイト

カラールーチェ

腸内フローラ研究

母親の腸内環境は赤ちゃんにも引き継がれてしまう!?

更新日:

a0fb1057f89f304fdd3c75dbc0a874cc_s

お母さんのお腹の中にいるときの赤ちゃんは無菌状態が保たれていますが、生まれるとすぐに細菌が腸に定着し腸内細菌叢が形成されていきます。

そして、赤ちゃんの腸内細菌は母親に似ることが多いという事実。

腸内細菌と赤ちゃん

産道と腸内は似た細菌環境にある

出産の時、赤ちゃんは産道を通り生まれますが、この産道がポイント。

腸内の細菌環境ととても似ており、産道を通る際に赤ちゃんの口から細菌が侵入してそのまま常在菌となる流れだと考えられています。

よく出産時にいきんで脱糞してしまう事がありますが、これもまた赤ちゃんに母親の細菌が移る要因となっているでしょう。

しかし、帝王切開だと自然分娩とは違い母親の影響をあまり受けないとのこと。

どこで生まれ、何に接触するか

赤ちゃんは母親以外にも、様々な人や環境から細菌を貰います。

面白い話だと「同じ場所で同じ日に生まれた赤ちゃんの腸内細菌は似ている」という調査がありますが、これも環境や人の影響が強いからこそと言えますよね。

お母さんの母乳にも大きな影響が

母乳には700種類を越える細菌種が含まれています。

母乳にはビフィズス菌などの善玉菌があり、赤ちゃんが生まれてから口にする栄養源。

もちろんこの母乳からも腸内細菌が形成されていくのですから、油断は出来ません。

特に母乳と粉ミルクでは、どちらも善玉菌を含むものの母乳で育った赤ちゃんの方が腸内の悪玉菌が少ないそうです。

いずれにしても母親の腸内フローラが大きく影響するのは確かですね。

母親が最初にしてあげられる事

一生変わらないと言われる腸内フローラ

腸内フローラの基本的な性格は人により様々ですが、その多くは乳児期に作られその後は生涯変わらないと言われています。

子どもの腸内細菌を決める重要人物は母親であり、その責任は重大!

腸内細菌で人間は健康にも不健康にもなります。身近なところでは便秘が良い例ですね。

一時の怠惰で自分の大切な我が子を苦しめることになるのは、とても辛いもの。

今現在妊娠中の女性や、今現在妊活中でこれからママになる女性の皆さんは、この事実をしっかり覚えておきましょう。

そして・・・

「子どものためにもしっかりと腸内環境を整えよう!」

そう決意を固めてもらえたら幸いです。

子どものためにもなれば、自分のためにもなるのですから。

毎日のオリゴ糖習慣でみるみるドッサリ!

1

便秘に効果的といわれるオリゴ糖。 毎日の食生活にも取り入れやすく、便秘改善に繋がると思うと試したくなりますよね。 まずはオリゴ糖の基礎知識と食べ方、最後に便秘で悩んでいた人に人気のあるおすすめオリゴ糖 ...

-腸内フローラ研究

Copyright© カラールーチェ , 2019 All Rights Reserved.