家族で宝物の時間を増やそう

札幌Colorsalon&SchoolLuce

福田るみ子です。

幼稚園の先生から

colorの先生へ

その理由はこちらから

Colorを仕事にしようと思った理由

 

子どもと一緒に感動、

ワクワク、喜び、悲しみ

心を共にしてますか?

 

前職、

幼児教育に15年関わっていて

 

良く言われていた言葉

 

「背中にも

目をつけていなさい」

 

クラスの子ども達が

どこで何をして遊んでいるか把握していなさい

という意味です

 

当時私が受け持っていたクラスは35名。

一番多くて37名の時もあり

一人担任でした

 

手のかかる子、かからない子、

様々な個性ある子ども達を

一人で担任しまとめていきます

 

どうしても

手のかかる子に先生は対応してしまいます

 

そんな時、

手のかからない子に大切にしていた事は

 

「声かけ」でした

 

先生はあなたのこと

見ているよーと

子どもに伝わるように

 

「○○ちゃん△△して遊んでるのねー」

声をかけます

 

この事を行動承認と言います

 

行動承認してもらえていると

子どもは

「先生は私のこと見てくれている」と感じます

 

一緒に遊んでいなくても

「私のことを気にかけている」と感じます

 

ご家庭でも行動承認してみて下さい

子どもと一緒に遊んであげる時間がない時

 

家事で忙しい時などに

「○○ちゃん△△して遊んでいるのねー」

 

「できたら見せてねー」

などと声をかけると

 

ママは見てくれているんだと感じ

安心感を得られます

 

 

image

 

幼稚園の先生は

いつも子どもと共感すること大切にしています

 

「凄いねー」と

一緒に感動したり

「嬉しいねー」と

一緒に喜んだり

「悲しいよねー」と

一緒に悲しい気持ちになったり

 

「痛いよねー」と

痛い気持ちに寄り添ったり

 

などなど

 

言葉で自分の気持ちを

上手く伝えられない子もいるので

 

子どもの心を代弁したり、

子どもの心を確認して生活しています

 

子どもが今何に興味を持ち、

どんな発見をし、

どんな感動をしたのか?

 

心の動きや発達を観察しているのです

 

日々の成長を

共に喜ぶのです

 

でもね・・・

子どもは先生より・・・

ママと一緒に喜びたいの

 

子どもの一番はママなんです

 

誰よりもママなんです

子どもと共に感じて下さい

 

ママと共感する瞬間は

『子どもの宝物です』から

 

DSC_3745.jpg

 

甥っ子「ゆうちゃん」

一緒にお砂であそんで

一緒にお砂でケーキを作りました

 

一緒に楽しむ時間は

子どもにとって心が満たされる時間です

 

 

カラーコミュニケーション

〜心の色は何色ですか〜

 

3期募集

9月23日(水)〜27日(日)まで

 

幼児教育15年の経験

カラー講師12年

カラーセラピスト歴10年

起業コンサル4年の経験

 

全てのノウハウをぎゅっと詰め込み

お伝えいたします。

 

アドバイザー養成講座

トレーナー養成講座

マスタートレーナー養成講座

カラーkidsインストラクター養成講座

 

3期お申し込み期間

9月23日(水)〜27日(日)

 

 

年内最後の募集となる可能性があります。

ステップアップしたい方

お見逃しなく!!

 

お申し込みはこちらから

今すぐ登録を

ルーチェ公式LINE@

週3回・色と心の関係について配信

715名突破!!

 

友だち追加

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です